配線器具を安全に使用するために覚えておきたいこと

子どもを守るためのコンセントの「安全プレート」

2017年10月25日 14時15分

壁際や床などに配線されたコンセント設備は、むき出しのままでは危ないので必ず安全を防止するための「プレート」を装着します。
プレートの種類はプラスチック素材だけに限らず、アルミやスチール、木材などのオリジナリティ溢れた製品からいろいろと選ぶことができます。
また、コンセントが設置されている位置は子ども、特に赤ちゃんの目線にとても近いため、誤って指を差してしまったり、
遊び道具として差込口に何かを差してしまったりということがないように、安全性に優れたプレートを設置するのも一つの対策法です。
 
■フルカバーやキャップタイプのプレート
コンセントのプラグ差込口を子どもが誤って触れてしまわないように、コンセントに「フルカバー」のプレートをしたり、
「キャップタイプ」のプレートをしたりと工夫をする必要があります。
フルカバータイプは、その名の通りコンセントをそっくりそのまま触れられないように専用プレートで覆ってしまう形状のものです。
プレートにコードを通すための穴が空いている使用の製品もあるので、差込口にプラグを差したままでプレートを被せることができます。
また、キャップタイプは、コンセントの差込口に専用のキャップを付けることで感電事故やホコリなどが侵入するリスクを抑えることができます。
キャップタイプの場合は、その差込口を使わないということを前提として使う便利な製品です。
 

日常的に使い分けている配線器具ですが、今回ご紹介したように些細なことに気を付けるだけでも危険やトラブルを大きく減少できる場合があるのです。
「加賀谷電気商会」では、一般のご家庭で使用される配線器具をはじめ、電気工事会社や店舗、舞台などで使う特殊な配線器具などを多数取り揃えております。
普段あまり使わないような製品の在庫もありますし、万が一在庫がない製品に関しても迅速に各メーカーに取り寄せ手配をさせていただきます。
「急にあの電材が必要になった!」というときには、ぜひ加賀谷電気商会にお問い合わせください。